Windows 10の無償アップグレードは、しばらくしない方が良い

Windows 10の無償アップグレード期間がもうすぐ始まります。
いつものことですが、OSの新しいバージョンは、沢山の人がインストールして初めて検出される問題が潜んでいるため、

・Windows10用のドライバが提供されていないと、全てではないものの、動かなくなるデバイスがあると予想される
・現在使用しているアプリケーションでWidnows10対応でないものは、動かなくなったり、動作が不安定になったり、表示が変になる可能性がある
・OSの画面表示のフォントやアイコンなどのサイズが微妙に変化する可能性がある
・最悪、パソコンが起動しなくなる

などの可能性があり、リリース直後はこういった問題があちこちで見つかる可能性が高いです。これらの問題に対処するアプリケーションの新しいバージョンや、OSのパッチ、Windows Updateがリリースされるには、数週間から数か月の時間が掛かると思われるので、業務や仕事、重要な連絡などでパソコンを使っている人は、対処済みになってから、Widnows10にアップデートする方が賢明です。

新しいOSの人柱になりたい人は、ぜひリリースしたら即アップデートしてください。

リリース直後にアップデートしても、何の問題もなく使える事も居る一方で、アップデートしたがゆえに、トラブルに巻き込まれる事もあります。

新しいOSでトラブルに巻き込まれた場合は、前のバージョンに戻すのが鉄則です。

無料アップデートは、リリースから1年間となっているので、半年ぐらいして、対処済みになってから、アップデートするのがお勧めです。

こちらの記事がツイッターで沢山リツィートされていますが、

日本マイクロソフト、「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法を案内
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20150723_713098.html

この記事の内容は、Windows Proシリーズのやり方なので、Windows Homeシリーズとか、ProシリーズではないWindows 8.1とかでは、このやり方はできません。
しかも、Windows Proシリーズのやり方として、かなりマニアックな方法なので、手順を間違えると、最悪の場合パソコンが立ち上がらなくなったりするので、パソコンにかなり詳しい人でないとお勧めできません。

Windows10の無料アップデートは、予約しなければ、何も起こりません。これが一番安全なやり方です。

予約している場合は自動でダウロードするものの、アップデートするかどうかは、ダイアログが出て、ユーザーがOKしなければアップデートしないので、そちらで対応するのが一番簡単で安全です。

コメント

  1. はぁぷ より:

    > 予約しなければ、何も起こりません。

    情報ありがとうございました。(^ ^)
    自宅、職場のPCともにWindows10にはあげるつもりはありませんでした。
    タスクバーのアイコン(□が四つで構成されている)が
    気になっていましたが、ほっておきます。

  2. yakumo より:

    > はぁぷさん

    Windows10にしたところで、仕事の質まで上がる保証はありません。
    Windows10にして、OSのトラブル解決に時間を取られてしまっては、仕事の量も質も低下してしまいます。

テキスト・画像のコピーはできません。