2015年12月22日冬至 遠隔ヒーリング&アチューメント

IMG_1071

【概要】
冬至は、二十四節気の一つで、グレゴリオ暦では大体12月22日頃の日中の太陽が一番低い日であり、そのため古代においては、冬至の前後になると太陽の力が弱まり、人間の魂も一時的に仮死する。すなわち、陰極まれば万物みな衰えて死に、太陽の帰り来ることによって再びよみがえると考えられてきました。
冬至は物事の始まりのエネルギーバランスを持っているので、バイブレーションを上げやすくなるとてもいい日になりますので、今年も冬至の日とその前後一日を含めた三日間に、遠隔ヒーリング&アチューメントを行います。

【テーマ】
今回のテーマは、「新しい私」。
人生において、これまで経験したことや習得した知識があります。過去を大切にしつつも、それに捕らわれない、そして過去を超える「新しい私」に進むことが今回のテーマです。

これまで経験したことや習得した知識の中で、これから先にも使えるものは残しつつ、不要になったものは、感謝して手放して行き、そして過去に捕らわれることなく、未来に進むこと。冬至を一つの基点とすることで新たな展開に進むことができます。
そのために、ひとりひとりそれぞれに必要なヒーリング・アチューメントのエネルギーが届きます。

【日時】
12月21日(月) 21:00-21:30
12月22日(火) 21:00-21:30 冬至
12月23日(水) 21:00-21:30
上記は、当日中であればタイムシフトで受け取ることもできます。

【参加にあたって】
遠隔セッションに参加する際の参加方法や注意点などについて、予めこちらの記事をお読みください(必読です)

遠隔セッションに参加するにあたって
https://en-light.net/archives/3686

【参加費用】
1万円
※全3回分の参加費用になります、途中まであるいは途中からの参加でも金額は同じになります。
振込先や振込期限などについては、お申込みされた方にメールで連絡します。

【参加申し込み】
以下のフォームからお申込みください。
参加セッション欄に、「2015年冬至 遠隔セッション」と記入してください。

遠隔ヒーリング&アチューメント参加申込
http://form1.fc2.com/form/?id=734667 ← 受付終了しました

(参考記事)

冬至の解説
https://en-light.net/archives/3371


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。