あなたは、あなたのままで完全です

私たちは、何か行動をするとか、何かを成し遂げた時に完全になるのではありません。
春分の遠隔セッションでは、あなたがあなたのままで完全であるということを思いだすアチューメントを行いましたが、その時の解説に追記編集してこちらにも掲載します。

あなたは、あなたのままで完全です

「あなたは、あなたのままで完全です」と言われても、この不完全な私にはピンと来ないと感じる人も多いと思います。

私たちは例外なく「私という土台」と、行動や成長である「私という球」で出来ています。

「私という土台」は、全ては一つでありワンネスです。大きさとか端といったものがない無限の広がりです。
全ては一つというものには、分離がないので、完全と不完全という区分が存在しません。未熟とか成長という区分も存在しません。
何か手を加える必要もなく、何の傷もありません。
ですからそのままで完全なのです。

そして、その「私という土台」の上に「私という球」が載っていると想像してみてください。

この球には、成長とか行動と書かれています。この球は成長するにつれて大きくなったり、柔らかくなったりと変化があります。この球が移動するとき、それを行動と呼んでいます。

私という存在は、土台と球の二つから成り立っています。

「あなたは、あなたのままで完全です」と言っている時は、あなたの根源的な本質である「私という土台」が完全であるということを言っています。

完全な「私という土台」の上にある「私という球」は常に変化するものですから、完全ではなく不完全さを常に持っています。この球は、「私という土台」を基盤として、様々な経験をするために生み出したものです。

多くの人が「私という土台」の存在を忘れて、不完全さを持っている「私という球」にだけに注目して、自分は未熟で不完全であると卑下していますが、その足元を良く見れば完全である「私という土台」が常にあるのです。

だから、あなたは、あなたのままで完全なのです。