見上げるデザイン

最近は都内も、ビル建築ラッシュですが、ビルのデザインにはかなり不満があります。
最大の不満は見下ろすデザインです。
ビルのデザインではデザイナーが色々なデザインを考慮するのですが、CGが普及したせいか、見下ろした視線で作られたビルが多く実際に建った時に気持ちの良いデザインになっていないビルが多いのが不満です。
最近のビルでは、
六本木ヒルズ
http://www.roppongihills.com/jp/index.html
日本橋一丁目ビルディング
http://www.tokyu-land.co.jp/bldg/search/new01.html
が見上げる視線をきちんと評価(デザイン)できているビルです。
特に、六本木ヒルズは東京の新しいランドマークとしてきちんとデザインされているので、良いデザインだと思います。
見下ろしたデザインのビルの特徴(悪いところ)としては、
・圧迫感
・地域に馴染まない
ということが言えると思います。
そういったビルは、短期的にはともかく、長期的には土地に馴染まないビルになってしまい、地域コミュニティを破壊してしまうため、地域を荒らしてしまいます。
ビルというのはコミュニティが基盤ですから、地域を大切にしたビル(見上げたデザインを大切にしたビル)を作って欲しいものだと思います。