自由に生きるということ

11/22(sun)の「ワンネスから見た、願望実現の法則と実践」スピリチュアル・セッションの中で出てきた話なのですが、ブログを読んでいる人にも参考になる話だと思うので、こちらにも書いておきます。

– – –

スピリチュアル・カウンセリングや今回のようなセッションなどにおいて、生まれてきた理由/人生のテーマを見た時に、それが「自由に生きる」となっている人は結構多く見かけます。

この「自由に生きる」というテーマを見た時に、まれにクライアントさんが勘違いをすることがあります。
これは、好き勝手に生きて良いということではなく、何をやっても良いということでもありません。

人は、肉体を持つ前は、そもそも自由で制限を持たない存在です。その自由な存在が肉体を持った時は、様々な制限が起きることになります。それは肉体を持って生きるということで起きることであり、避けがたいことでもあります。

そうなった時に、人はそもそも自由な存在であったことを忘れて、制限の中に生きるようになることがあります。
そうなると、目の前の制限が真実であるという思い込みが起きて、生きることが辛い・楽しくないことになってしまいます。

そして、自由な心まで失ってしまうことになり、本来の自由を見失います。

重要なのは、本来の姿が自由な存在であるということを思い出すこと、そして心に制限を持ちこまないことです。

自由な心がある限り、あなたは自由に生きることができます。

心の自由を失えば、どんなに自由に生きられる状況があったとしても、自由に生きることができなくなります。

目の前の状況がどのようなものであっても、自由な心だけは持ち続けることが、真に自由に生きるということです。