キレやすい子供たち

カウンセリングをしていると、キレやすい子供への対応を相談されることがありますが、そういった子供たちが特別なのではありません。

それを理解するには、コップの水で考えてみると分かりやすいかと思います。下の図は子供の心をコップで表現しており、水は自分を認めてもらえないとか、理解をしてもらえないということへの不満の量を表しているということです。

Cup
一般的には、子供は青い線で表示している程度(50%)ぐらになると考えてみてください。キレやすい子供たちというのは、表には言えない・あるいは表現できないけれども、内部的には赤い線で示しているようにかなり鬱積した状態(90%)を持っています。

なので、少しの刺激でコップから水があふれてしまいます。親や周囲の人たちが青い線のレベルな人たちだと、なぜキレるのか理解がなかなか難しくなります。

キレるというのは、その時の対応だけに原因があるのではなく、これまでの子供への対応が十分でなかったことの積み重ねで起きていることを理解する必要があります。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。