68年ぶりのスーパームーンは4番目の近さ

11月14日の満月は、1900年以降で4番目に大きく21世紀になってから1番の大きさ。

こちらの記事で68年ぶりの根拠を探していると書いていましたが、

(11/7追記) 68年ぶりの根拠について、新しい記事を書きました。 11月14日の満月が、68年ぶりのスーパ...

AstroArtsのサイトにきちんとした説明があるのを見つけました。
そこからデータを引用して説明します。

満月の近さランキング(1900年~)

ランキング 年月日 距離
1912年01月04日 35万6375km
1930年01月15日 35万6405km
1948年01月26日 35万6490km
2016年11月14日 35万6509km
1972年11月21日 35万6524km
1993年03月08日 35万6530km

1900年以降の近さランキングでは、来週の満月は4位になります。
3位が1948年なので、68年ぶりという言い方になるとのことですが、天文学的には意味がないので、国立天文台やNASAでは68年ぶりということを取り上げていないようです。

一方で、ニュース的には68年ぶりというのはインパクトがあるので、いくつかのニュース/情報サイトで今年の初めごろに取り上げていますが、計算根拠を明示していません(計算根拠を明示すると天文学的には意味がないことが判ってしまうから?)。
そのほかのニュースサイトなどを見ても距離を明示していないことから、そのあたりから広がったみたいです。
中には68年を四捨五入して、70年ぶりと書いているニュースサイトまでありますが、ちょっとやり過ぎの感がありますね。

2010年から2016年までは毎年スーパームーンがありました。68年ぶりということに大した意味はありません。
むしろ、1900年以降で4番目に大きく21世紀になってから1番の大きさ、と言う事の方が意味があります。

色々なサイトを見ていると、確認もしないで68年ぶり!と書いている記事も多いようです。
昨年のクリスマス満月もそうですが、他人が書いた記事を鵜呑みにすることなく、専門的な情報源で確かめて書くことも大事です。

関連記事
https://en-light.net/archives/9715

【情報源】

AstroArts
2016年11月14日 スーパームーン
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/8730_ph161114


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。