宇宙の根源の進化 その2

エネルギー・オーラモデルの概要は以下のような構造になります。
オーラ層(第1層から第9層)の名称は、バーバラブレナン著の「光の手」の名称を使用しています。また、矢印の方向は、形成されていく方向性を表しています。

原初のエネルギー

宇宙の根源




(第9層)
(第8層)

ケセリックテンプレートボディ(第7層)
天空界ボディ(第6層)
エーテルテンプレートボディ(第5層)
アストラルボディ(第4層)
精神界ボディ(第3層)
感情界ボディ(第2層)
エーテルボディ(第1層)

物質ボディ(肉体層)

宇宙の根源の進化と言う話を少し前の記事で手短に書いていますが、その変化は、宇宙の根源のエネルギーが、これまでは肉体層へのフォーカスが強かったのですが、現在はアストラルボディへのフォーカスに変化しています。

これは、すぐに肉体が無くなるということではありませんが、我々を構成しているエネルギーが、肉体からいずれエネルギー体に移行するための準備が始まっていることを示しています。
これにどれくらいの時間が掛かるのかは、まだわかりませんが、少なくとも地球が出来てから人間の肉体ができるまでに数万年から数億年という単位で起きていることを考えると、すぐに何かが始まるということでないと思います。
ただ下位のエネルギーを「新たに創造する」のにくらべれば、上位のエネルギーには「もとに戻る」ということになるので、肉体を創造するのに要した時間にくらべれば、かなり短い時間で行われる可能性が高いと思います。

なお、この現象については、全ての人に同時に起きるわけではありません。この世界は一人ひとりがオリジナルな時空を持つパラレルワールドですから、準備の出来た人に、準備の出来たタイミングで起きることになります。

コメント

  1. はぁぷ より:

    これまでは肉体層へのフォーカスが強かったのですが、
    現在はアストラルボディへのフォーカスに変化しています。
    このフォーカス先というのは、
    ヒーリングをする場合にもフォーカスされていくのかなと思いますが
    いかがでしょう[E:confident]
    もともとヒーリングは肉体でなく、オーラを癒すということではありましたが、
    ますますその意味が強くなっていくのかもしれません。
    八雲さんがやられた遠隔ヒーリング、地球ヒーリング12の
    体感、イメージは人さまざまでしたが、
    これから予定されている
    遠隔ヒーリングや地球ヒーリング3では
    前回とはまた違った体感、イメージがでてくるのかも。
    楽しみです[E:note]

  2. Amano-Joke より:

    アストラル・ボディ?[E:coldsweats01]
    次回、続くお話をお待ちします。
    「光の手」は、ちょっと難しくてわかりませんでした。

  3. あけ より:

    これを聞いて
    最近、もやもや浮かんでいたコトの
    意味が(答えが?)
    なんとなく わかりました[E:flair]
    あ~ スッキリした[E:shine]
    毎度 おおきに[E:confident]

  4. risa より:

    ヒーリングを受けてから
    つながりやすくなったというか
    道ができたというか?
    なんとなしに 1、2、3、。。。と各層にフォーカスしながら
    14までいったときに
    すっ~~~~っと
    またあの きめの細かい 穏やかなエネルギーに到達?したのですが
    たしかに今までそんな感覚はなかったですし
    その道中 (^^; ??? も
    あれ? なんだか今までと感じが違う、という感覚でした
    とっても明るかったし
    やさしかったです

テキストのコピーはできません。