京都の断層

京都市内の断層密集地帯と社寺の密集地帯が一致します。

これまでの記事でも書いていますが、断層というのは単に地層だけのことではなく、断層がある土地というのは、地球の奥深くからエネルギーが噴出しているということがあります。
これはすべての断層に当てはまるというわけではないのですが、パワースポットと断層というのは、密接な関係があります。

過去に、サンフランシスコに行ったことがありますが、そこに行った時の印象を一言で言うなら「伊勢(神宮)と同じ」ということでした。
サンフランシスコと言う街と、伊勢神宮が同じというのは、ちょっと考えにくいかと思いますが、「地下深い地層からエネルギーが吹き上がっている場所」という意味ではまったく同じ土地で、伊勢神宮は中央構造線という断層地に建っているのは、知っている人は知っているという事実です。
なので、アメリカ西海岸において、ヒッピーなどの精神性を重視する文化が起きたというのも、断層地ということで考えるなら、とても理解しやすくなります。

京都には、古い社寺が沢山ありますが、それらは鴨川の東側に密集しているのですが、その地帯の断層を調べてみると、断層密集地帯であることが分かります。
断層があれば、そこは全てパワースポットになるのかというと、断層だけではなくて、他の風水的な条件も絡んでくるので、単純に言うことはできないものの、断層密集地がパワースポットエリアになるという傾向は明らかに存在します。

典型的な例としては、諏訪大社があります。諏訪大社と諏訪湖は、断層地に位置しています。諏訪大社については、以下のページを参照してください。

諏訪大社 出雲の記憶
http://power-spots.jp/Suwa/


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。