初めての遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングのエネルギーを受取る為のポイント

【遠隔ヒーリングに対する期待を持たない】
西洋医学の薬では、心理的な期待とは関係なく薬効があるのに対して、ヒーリングでは心理的な期待があるとヒーリングの効果は低くなるか、もしくは無くなってしまいます。
始める前に、ヒーリングに対する期待を持つのは構いませんが、開始時間になったら期待していたことは脇に置いて忘れてください。

【遠隔ヒーリング中には考え事をしない】
期待や思考は、遠隔ヒーリングのエネルギーを受取る事の妨げになってしまいます。遠隔ヒーリング中は、自分が陶器の器やガラスのパイプになったかのように、何の期待も思考も無く受け取っていく事が大変重要です。

【身体感覚に敏感になる】
ヒーリングのエネルギーは、五感のいずれかで感じることができますが、とても繊細で精妙なエネルギーなので、初めての場合は分りにくいかもしれません。
自分の身体のわずかな感覚の違いに敏感になっていると、ヒーリングのエネルギーが流れて行くのが分るようになります。

遠隔ヒーリング実施直前の注意事項

遠隔ヒーリングでは、始まる前に参加される方とのエネルギーの繋がりを確認してから行いますので、参加者全員に必要なエネルギーは届いています。

遠隔ヒーリングが初めての場合は、エネルギーを受取っても感じにくいのが普
通です。
その場合、無理に感じようとすると逆に分かりにくくなります。

沸かしたお風呂に手を入れると、自然とお湯の感覚と温度が感じられますが、その時何か努力している訳ではありませんね。
これと同じで、ゆったりと自然な形でリラックスしていると、始めはごく微細なものが流れたり、僅かに感じたりするのが分るようになります。
その微細な感覚に注目していると、だんだんと分るようになりますが、この時も想像したり考えたりすると逆効果なので、ただ感覚に注目するということが大切です。