悟りは自我ではない

悟りを自我と関係づけて語る人が多いように思えますが、悟りというのは自我が静かになり沈静化し、無になった瞬間に起きることです。なので、悟りと自我の間に、関係付けは本来存在しません。

誰かが、悟りを自我と関係づけて語っているとしたら、「その瞬間」を体験していないということです。「その瞬間」を体験すると、悟りと自我というものが、まったくの別物であるということが知識としてではなく、まったくの体験として理解できます。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

コメント

  1. よっしー より:

    無になった瞬間を認識するのは自我ではないのですか?

  2. 八雲 より:

    > よっしーさん
    (真の)悟りの経験がない人は、自我が認識すると思ってしまいます。
    (真の)悟りの経験があると、自我ではないことを体験します。
    これは、思考では理解できません。体験するしかありません。
    体験していない人が、思考で色々と考えて書いているものをネットも含めて色々と見かけますが、(真の)悟りはそのような思考を超えた体験です。
    体験してみればわかります。

テキストのコピーはできません。