2014年夏遠隔セッション参加ありがとうございました (8/11更新)

遅くなりましたが、2014年夏遠隔セッション参加ありがとうございました。

頂いたコメントは、全て読ませていただきました。

個別に返信したいところですが、沢山のメッセージを頂いているので、それらを纏めた返信を週明けに書きたいと思います。

こちらの記事に追記で書きますので、よろしくお願いします。


(2014.8.11 追記)

遠隔セッション参加ありがとうございました。
頂いたコメントには全て目を通しております。沢山のコメントありがとうございます。

【ヒーリングにおけるエネルギー感覚について】

ヒーリングを受けたときに、エネルギー感覚として、光や映像を見たり、体感的な何かがあったりする人と、それらの感覚が無い人がありますが、感覚が無い人の場合、まったく無いのではなく、慣れていないため分かりにくいという状態です。
これはミネラルウォーターを初めて飲んだ時には、ブランドごとの味や感覚の違いが良くわかりませんが、飲み続けていくと、ブランドごとの違いを明瞭に認識できるようになるのと非常に良く似ています。

エネルギー感覚というのは、微細な感覚なので、通常の物理的な皮膚感覚に比べるとかなり細かく微妙な感覚の違いになります。なので、そのわずかな違いを感じ取れるようになると、エネルギー的な感覚の違いを受け取れるようになります。
多くの場合は、体感的なものとして感じ取ることになり、光や映像を見るのはどちらかというと少数派になります。

ヒーリングにおいては、受けた人が変化していくことが重要であり、光や映像を見るということは、むしろ副産物的なことです。なので、何も見えないから何も起きないということではありません。ヒーリングのエネルギーが届いていれば、何も見えなくても、何も感じられなくても、変化が人間の深い部分から起こって行きます。

【ヒーリング後の体調について】

ヒーリングを受けた場合、多くの場合一時的な体調の低下を感じることがあります。これは、身体が持っているエネルギーを、身体活動に使うということから、ヒーリングの変化の方に使うということがあるため、活動的な状況は一時的に低下することがあります。
また、身体にある不要なエネルギー(あるいは、思考や記憶など)を排出するということが起きるため、人によっては風邪を引いたような症状を見せることがあります。

これらの症状は、病気ではありません。
不要なエネルギーを排出するときに、体液(尿、汗、唾、鼻水など)の排泄機能を使うことで効率的に排出しようとしているものです。なので、こういう場合に、症状にあわせた薬を飲んでも一向に効果がでないということが起きます。
これらの排出のプロセスは、短い場合では数十分から数時間、長い場合では、数日間続くことがあります。

そして、排出のプロセスが終了すると、ヒーリングの前よりも、体調が良くなり、身体的に軽い感じ、あるいは楽な感じに変化していきます。

【スピリチュアルな目覚めの為のヒーリング】

今回のヒーリングは、スピリチュアルな目覚めの為に行っています。このヒーリングがどのように症状や効果として表れるのかは、人によって異なります。

スピリチュアルな道に入ったばかりの人の場合は、これまでの人生には役に立ったが、目覚めるために、これから先には不要となったエネルギーを多く持っているので、身体的な症状として、不要なエネルギーの排出が起きます。

スピリチュアルな道をある程度進んでいる人の場合は、精神的な面での解消として、これまで持っていた価値観や世界観を手放していくということがよく起きます。この場合は、身体的な症状はそれほど出ず、精神的に抱え込んでいるエネルギーの解放になります。この場合人によっては、光や映像などのビジョン的にそのプロセスを見ることがあります。重要なのは、抱え込んでいるエネルギーの解放であり、ビジョン的なことが無くてもこれは起きます。あるいは、身体的な微細な感覚としてそれを感じることもあります。

スピリチュアルな道をかなり進んでいる人の場合は、さらに奥深い部分の精神的なエネルギーの解放になりますが、この場合は排出とか解放というよりも手放していく、あるいは捨てるといった感覚になってきます。これは、無になっていくというプロセスです。

ここで言う「無」というのは、何もないという感覚として感じられるのですが、その実体は、全てを生み出す元としての無になります。無になるということは、あらゆるものを自由に生み出すことができる状態になるということです。

テスト

【3月のスピリチュアル・カウンセリング】
3月30日()  3月31日()
詳細はこちらから(リンク