一回目のワクチン接種

一回目のワクチン接種に行ってきました。

今回行った場所では、ファイザー製のワクチン接種になります。

会場には多くの接種予約の人がいましたが、会場運営もスムーズで受付から接種まで10分ほどで終了しました。

接種は、注射針を刺すときに一瞬痛みがあります。注射中は薬液が入って来る感覚はありますが、痛みは特にありませんでした。

接種後、副反応が出る場合に備えて、15分以上指定された椅子に座っての待機となります。
少なくとも、私が会場に居た時間帯では、副反応が強く出た人はいないようでした。

15分間待機の間に、二回目の予約を取るために職員の方が巡回します。
次回二回目は20日後(約3週間)になります。

20分以上待機して、特に問題もないようなので、接種会場から出て接種は終了です。

※上記は、私が行った会場の手順なので、他の会場では手順が異なるかもしれません

今回は副反応も弱いと思ったので車で行きましたが、二回目は副反応がはっきりと出る人もいるようなので、大事を取ってタクシーで往復する予定です。

【副反応の記録】

接種当日

副反応は弱くワクチン接種したところを押すと少し痛みを感じる程度です。
また倦怠感については、感じるか感じないかの微妙なレベルなので、気分によるところの方が大きいかもしれません。

接種から二日目

朝起きたときは、特に問題なかったのですが、朝食後にワクチン接種した場所と周辺の痛みが段々増してきます。倦怠感も、朝食後に少しずつ増してきます。
そのため、朝10時頃には横になりました。

痛みは13時頃ピークになり、その後はそのまま継続。
また、全身の筋肉が激しい運動をした後の筋肉痛のような、動かすとしんどい状態が続きます。
痛みと倦怠感は結局夕方以降も続き、家の階段を上り下りするのも一苦労の状態です。

ネットやTVで他の人の副反応の出方を見ても、接種翌日の方が強く出る人が多いようです。

接種から三日目

背中の痛み、倦怠感、筋肉痛はまだ継続中。
昨日と同じで、目覚めた直後はそうでもないが、睡眠から覚めて身体が動くようになると、痛みや倦怠感がはっきりしてくる。

夕方になって、すこし落ち着いてきました。

夜になって、かなり回復してきました。

接種から四日目

ほぼ日常に戻りました。

コメントにも書きましたが、こちらにも掲載しておきます。

色々と調べてみると、副反応は抗体を作る過程で起きることなので、スポーツでいえば筋力をつけるためのトレーニングをした後の筋肉痛のようなものだとのこと。
なので、副反応が出ることは、抗体が出来ている証拠のようなものです。
痛いには痛いですが(笑)、抗体が出来ている証拠と考えるとそれも受け入れられます。

この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. カネヤマユキ より:

    とても有益な情報をありがとうございます。
    明日から、私のような持病がある人を対象にしたワクチン接種の申し込み受付が始まるので、休みやすい日程を考えます。3日、副作用がでることも考えて、食料品も食べやすいアイスクリームやゼリードリンク等、買いおきしようと思います。

  2. 八雲 より:

    > カネヤマユキさん

    色々と調べてみると、副反応は抗体を作る過程で起きることなので、スポーツでいえば筋力をつけるためのトレーニングをした後の筋肉痛のようなものだとのこと。
    なので、副反応が出ることは、抗体が出来ている証拠のようなものです。
    痛いには痛いですが(笑)、抗体が出来ている証拠と考えるとそれも受け入れられます。

    持病については種類にもよりますが、持病を持っているということと抗体を作るということとは関連しないことが多いようです。

テキスト・画像のコピーはできません。