縁結びの神社

縁結びの神社というと出雲大社が有名ですが、出雲大社が誰にでも良い神社かというと、必ずしもそうではありません。人それぞれですから、全ての人に出雲大社が縁結びの神社ということではありません。
出雲大社は、東京(関東)からは少し遠いので、関東周辺の縁結び神社を紹介します。

出雲大社 東京分詞

正式には出雲大社 東京分祠ですが、覚えにくい名前なので、六本木出雲大社と勝手に呼んでいます。
こちらは、六本木のビルの二階にある小さい社ですが、ちゃんと出雲の本社につながっているので、力があります。

公式ページ
http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com/

出雲大社 相模分祠

相模の大山に面して立てられている出雲大社の相模の社です。
しっかりとしたエネルギーが印象的。

公式ページ
http://www.izumosan.com/

常陸国 出雲大社

関東では一番規模の大きい社を持っています。

公式ページ
http://www.izumotaisha.or.jp/

ここまでは、いわゆる出雲大社系ですが、ここから先は私が実際に行って、良いと感じている縁結び神社を紹介します。

東京大神宮

神前結婚式は、当社の創始によるものであり、皇室の結婚式にはこちらから人が出るなど、皇室とも深い関係があり、伊勢神宮の東京分宮でもあり、縁結びの神社としても有名です。

公式ページ
http://www.tokyodaijingu.or.jp/

一言主神社

本殿の後ろ側に小さな縁結び神社があります。これまで見た中で、一番パワーを持っている縁結び社です。

また、一言主神社は、願い事を一つだけかなえる神社として知られているので、縁結びを強く願う人には、それを一番の願い事にするのであれば、とても力のある神社です。

未来への希望を一言に凝縮して伝えるのが、一言主神社です。

公式ページ
http://www.hitokoto.or.jp/

箱根九頭龍神社

5月の月次祭にも参加してきましたが、龍神さまがおられる神社としては、戸隠神社とともに最強の部類に入ると思います。

龍神さまは、縁結び(男女のみならず、仕事の縁もふくむ)としては良く知られています。
月次祭の神事のときは龍神さまが降りてきてとても良い感じになります。関東近辺の龍神さまの神社としては一番のお勧めです。

公式ページ
https://hakonejinja.or.jp/

白濱神社(白浜神社)

伊豆半島下田の白浜に位置する神社です。

白濱神社に行ったときに、白濱の神様とお話したのですが、

八雲 「得意なことはなんですか?」
神様 「縁結び」
八雲 「ええっ!」

普通神社では、神様が縁結びとは言わないですが、ここでは縁結びと明確に言ったのが驚きでした。

神様 「夫と、手を携えて、この地を治めていました。夫は表舞台としての役割、私は裏方として、この土地の様々な人どうしの縁を結ぶことをやっていたので、縁を結ぶのは得意です。」
八雲 「なるほど~ それなら縁結びですね。」

ということで、納得です。

公式ページ
http://www.ikonahime.com/

出雲大社

関東からは少々遠い出雲大社(島根県)ですが、それでも行きたい!のであれば、出雲大社がお奨めです。東京から出雲大社は日帰り参拝可能です。
羽田→出雲空港の直行便があり、出雲空港から出雲大社へはバスがあるので、うまく使うと日帰りも可能です。詳しくは下記のページを参照してください。

出雲縁結び空港
http://www.izumo-airport.co.jp/

2007.4.11 作成
2012.8.7 更新


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。