今年最後のコロナ対策遠隔ヒーリングの申込は終了しました

今年最後のコロナ対策遠隔ヒーリングとなりました。

遠隔ヒーリングの背景

第八波の中に居ますが、第七波と比較すると、

立ち上がりが緩やかになっています。これは感染力の強いオミクロン株によって多くの無症状感染があり、結果的に自然免疫を獲得してきているのが理由だと思われます。

これは、沖縄県の例を見ればわかりますが、第七波では新規感染者数が最大で6千人を超えていたのに対して、第八波では最大1千人程度に収まっています。行動制限が解除されているにもかかわらず、感染者数が低く抑えられているのは自然免疫の獲得が最大の理由と思われます。

ただ、他の都道府県では第七波以上に拡大している地域も多く、それに比例して重症者数も上がってきているので、慎重な対応が必要になります。

今回の遠隔ヒーリングでは、コロナウィルスに対する防御、特に年末年始の感染予防と冬の寒さと乾燥への対応、免疫力強化のヒーリングを行います。
また、経済的な余裕を生み出すためのヒーリングを合わせて行います。

内容

実施する内容は以下の通りです。

(1)コロナ防御
感染しないための防御、感染しても症状が抑えられる免疫力の強化、感染後の回復。
また、ワクチンの副反応の軽減と変異株への対応も行います。

(2)年末年始の感染予防
年末年始で人の動きも多くなります。感染しやすい状況でもあるので、それらに対する予防を行います。

(3)経済への対応
個人の収入と支出をバランスし、心身が創造的な活動を行うことができ、経済的余裕を生み出せるように、経済の上昇するスパイラルというボルテックスを後押しします。

以上三つの内容で行います。

家族の参加について

家族の場合、以下の事柄を踏まえて参加をお願いします。

遠隔ヒーリングは基本として、受け取る意志(自覚)が必要です。
本人の受け取る意志がないと遠隔のエネルギーが届かなくなります。
家族への参加確認の上申込をお願いします。

日時

通常であれば12月23日(金)の新月に行いますが、今回は冬至の遠隔ヒーリングと重なってしまうため、冬至の遠隔ヒーリングとは一週間空けて、以下の日程で行います。

12月29日(木) 21:00-21:30

参加費用

ドネーションとなります。

お支払いが難しい方は、お支払いなしで構いませんが、終了後に必ず感想を送ってください。

お支払い出来る方は、お支払いをお願いします。
金額はお支払いする方がご自身で決めて下さい。
振込先については、終了後にメールでお知らせします。

注意

新型コロナウイルスに感染するかどうかは、参加された方の対応/行動や状況によって異なりますので、遠隔ヒーリングは完全な感染防止を保証するものではありません。

参加申し込み

以下の申込フォームからお申込み下さい。
申込期限は、12月27日(火)20:00です。

[受付は終了しました]


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク