コロナウィルスは東日本大震災の再来か?

何となくそわそわと落ち着かないという感覚を持っている人も多いかと思います。また、東日本大震災の時の感覚と似ているという印象を持っている人も多いかと思います。

2011年3月11日のチャート(元画像)と2020年2月2日のチャート(元画像)を並べてみると・・・

占星術に詳しい人だと個々の惑星とそのアスペクト(角度)に注目してしまいますが、ここではむしろ全体をざっくりと観た方が良く分かります。

それぞれの惑星の配置は異なりますが、惑星の集結具合を見ると、よく似ていることが分かります。

占星術のチャートは、地球から見た惑星の位置関係を表しているので、空の特定の範囲に惑星が集結している状況を表しています。ステラシアターPro(リンク)で見るとこんな感じ。

このような集結が約数ヶ月にわたって続いている状態です。

この集結する配置は、この世界が平和で穏やかな状態ではなく、何か出来事が起きるということを表しており、2011年の時は地震という形で現れました。

そして、2020年はコロナウィルスという形で表れています。

このような配置は、4月中頃まで続くので、世の中が安心感を取り戻すのはその頃になると思われます。

アップデートしました:

占星術のチャートで見てみました。 左から、6月15日00:00、7月15日00:00、8月15日00:00のチャー...

ということで、コロナウィルスへの対応は、長い目で見ておいた方が良いですね。

【ホロスコープ作成】
MyAstroChart®
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php

コメント

  1. トムソーヤの冒険 より:

    こんにちは、八雲様。
    2月28日からソワソワと落ちつかず、不安でブルーな感じと集中できない状態が続いております。
    こちらの記事を読んで、腑に落ちたというか諦めの境地です。
    明けない夜はないと言い聞かせて、なるべく静かに過ごしたいと思います。
    ありがとうございます。

テキストのコピーはできません。