誰がかまうもんか?! (再読中)

『誰がかまうもんか?!』(リンク)を再読中です。

who-cares

この種の一元性に関する本の場合、一度読んで理解できたつもりでも咀嚼できてないことは珍しくないので、改めて再読してみると新たな気づきに達することが良くあります。

最近は、ラメッシ・バルセカールの本、
『誰がかまうもんか?!』→『意識は語る』(リンク
と進んで、次にラメッシの師である、マハラジの
『アイ・アム・ザット 私は在る』(ニサルガダッタ・マハラジ)(Amazon
と、読み進んできたのですが、マハラジとラメッシでこれほど語り方が違うのには、ちょっとびっくりしました。

師と弟子という関係であり、同じ一元性を語っているにも関わらず、語り方にかなり違いがあります。一元性に対して、マハラジは集中的な視点から語るのに対して、ラメッシは俯瞰的な視点から語っています。

このあたりは生い立ちとも関係するようで、マハラジはボンベイで小さな雑貨店を開いていたのに対して、ラメッシは銀行員として最終的には頭取になっています。
それゆえに、マハラジは個人の集中的な視点、ラメッシは(組織の長という立場の)俯瞰的な視点から一元性を語っているように思えます。

あくまでも相性だと思いますが、私の場合ラメッシの語り方は良く入ってくるのですが、マハラジの語り方だと同じ事を何度も角度を変えて語るというのが時としては解りづらいので、マハラジの本は一度中断して、ラメッシを再読しています。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

2月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。