祈るということ

神社に行って、何かを祈るというと、ほとんどの人は自分の幸運だとか家族の幸運だとか、自分とその周辺の人たちに良いことが起きるように祈るというのが大半だと思います。
でも、人が神の分け御霊であるということを考えると、自らは神である(ただし、三次元界に住むことで、神の能力は制限されている)わけですから、神社で対面している神は自分自身でもあるわけで、自分の都合を祈る前に、対面している神様が良くなるように祈ることは、大きな祈りであり、神々が良くなることは結果として自分自身が良くなることでもあります。
ということで、冬至の祈りにおいては、自分が良くなるという小さい祈りではなく、日本神界の神々が良くなるという大きな祈りを通じて自分自身も良くなるという祈りをしたいと思っています。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。