雅楽の湯

@niftyの温泉ページで「年間ランキング3年連続総合1位」ということなので、行ってみました。

img_8832

行った結果は、「10分で終了」です。

良い温泉というのは、何度も入り直したくなるものです。
なので、良い温泉の場合、湯船に浸かっている人が多くなります。
こちらの温泉は湯船に浸かっている人より、周辺のベッド等で休んでいる人の方が多いというのが、この泉質を表しています。

3年連続総合1位ということで、期待して行ったのですが、結局10分で上がってきました。

私の場合、設備の良し悪しとか、スタッフの対応とか、そういった事以前に、泉質が良いかどうかで判断しています。
なので、10分であがってくるというのは、そういう泉質だということです。

ここで、運営している人たちの名誉の為に書いておきますが、お湯の管理ということでは、頑張っており、良い運営をしていると思います。

しかし、それと(私が言うところの)泉質とは別です。

この温泉施設は、お湯の管理と設備という面では良いと思います。
自分の身体をエネルギー的に癒す温泉であるかどうかという面では、違う評価になります。

泉質:★★

★の数とその意味については、以下のとおり。
★★★★★ 泉質が非常に良い:その場所を目的地として旅をする価値あり
★★★★  泉質が大変良い:その地域に行ったら、必ず立ち寄ってみたい
★★★   泉質が良い:近くに行くことがあれば、立ち寄りたい
★★    泉質が低い:1度行けば十分
★     泉質を語るに値しない:2度目はない
☆は、★半分。つまり0.5に相当します。

※評価は、泉質のみの評価であり、設備・サービス面などの評価は含まれていません。