馬鹿になること

馬鹿になることって、大切です。
いきなりヘンな話ですが(^^;
馬鹿になるというのは、世の中の(これから先、役に立たない)常識やしきたりを忘れて根源に戻るということが、馬鹿になることという意味です。
最近は、ろくに勉強もしない状況が二年ほど続いているのですが、やっとその意味外が分かってきたところです。
つまり、ヒトとしての根源に戻るのに一番邪魔なのが、常識やルール。
私の場合、エンジニアという職業がベースなのですが、この職業では知識という名の常識がなくてはならないもの。なので、ガイド達は時間を掛けてそれを外すという作業をしてくれたようです。しかも、生活(経済レベル)は落とさないで。
そのあたりが最近やっと分かってきたので、この約二年間にもおよぶ馬鹿化もやっとその意味がわかってきました。
実際のところ、馬鹿化というのは下手な常識を抱えているとなかなか悩ましい状態になってしまいます。「仕事をしないと喰えない」という古い常識に捕われてしまって、新しい常識から離れてしまうということが、沢山発生します。でも、新しい常識では、自分自身が根源に戻れば、古い常識などゴミ箱に捨ててしまうことが正しいのです。