関東の海岸線

関東の神社の成り立ちを考えるとき、海岸線が現在とはずいぶん異なることを考慮に入れる必要があります。
参考になるのがこちら。

※古代であそぼ と 古代で遊ぼ はタイトルは似ていますが、別のHPです。
古代であそぼ > 関東の海岸線
http://www.d3.dion.ne.jp/~stan/kasi/k3_mgw1.htm
古代で遊ぼ > 縄文時代の江戸
http://www.asahi-net.or.jp/~vm3s-kwkm/edo/index.html

これらのページを見てみると、現在は平地奥に位置する神社が、その昔は海岸線に位置していたものが以外と多くあることに気がつきます。
「海退」もしくは「海進」をキーワードに探してみると、いくつか参考になるページがあります。

琵琶湖博物館・里口のページ > -地学の講座- > 第6回「気候変化と海面変動」
http://www.lbm.go.jp/satoguti/geology/geoseminor6th.html


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

3月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. ミケニャンコ より:

    こんにちは。体調はいかがですか?
    以前、熊野古道に行ったとき、九十九王子のひとつ「浜の宮王子」は、当時海から船で参拝に来た人がつくところだった。と説明を受けました。
    現在は、ずいぶん内陸になっていました。
    現在は、自然な地形変化だけでなく、埋め立てもありますから、東京はずいぶん変ったようですね。

  2. 八雲 より:

    ミケニャンコさん
    海退して、海岸線が下がって、かつて海だったところが平野になるのはあちこちで見られ、最近では江戸時代に顕著になってます。
    そこから、さらに埋め立てしているので、東京湾は昔に比べてずいぶん狭くなっていますね。

テキスト・画像のコピーはできません。