欠乏感がなぜあるのか

前記事「愛情が憎しみに変わるのはなぜか?」において、人には欠乏感あるいは不足感と呼ばれるものがあると書いていますが、なぜ欠乏感があるのか?

人は本来、全てを持った完全な存在なのですが、その完全な世界から一歩踏み出して、完全な世界ではできないことを体験するために、肉体を持ったことに起因します。

私たちが、生まれ、子供から大人へと成長する過程は、存在としての不完全さを“経験する”プロセスでもあります。
つまり、子供の自分は“小さな存在である”、“力がない”、“完全ではない”といった、完全な世界からすると対極の経験をします。また、自分の周囲のモノ(物質)、特に食や水、生活用品やおもちゃなどについても、完全な世界での無限供給とは対極の“制限”や“不足”といった経験をします。

これらは本来、完全な世界ではできない体験をこの地球上で行っているわけですから、あくまでも経験として捉えるべきことなのですが、この経験が非常に強烈に刻み込まれていくために、単なる経験ではなく、それこそが真実であるかのように思い込んで行きます。

なので人がこの世界を見るときに、自分は小さな存在であり、モノは常に足りないという観念を持って生きることになります。

しかし、真実は、自分は大いなる存在であり、モノはこの地球上に充分存在しているということです。

多くの人が、この二つの見方の間を揺れ動きながら生きています。

それは、私たちが地球に生まれてきた目的である、完全な世界から一歩踏み出して不完全を経験することを、ちゃんと満たしているということです。

私たちは、“不完全だが完全な存在”です。

不完全は経験であり、完全は真実です。

欠乏感というのは、あくまでも経験であり、真実ではありません。

真実を経験するためには、ただそれを経験すればいいのですが、欠乏は真実ではないので、経験できるようにするための仕組みがあります。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

5月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。