能力を発揮させる為に大切な三つのこと

人間の脳は三層構造

人間の脳は、(動物的)本能と(動物的・人間的)知性と(人間的)理性の3層構造になっており、それぞれは、直感と感情と思考に相当します。

バランスが大切

思考ばかりが強かったり、感情が優先しすぎたり、本能だけで生きていると、バランスを崩した生き方になってしまいます。

人間が行動する時は、本能→知性→理性という順番で起きているので、本能を忘れてしまうと、人間としての本質を失ってしまいます。
このような生き方では、脳の一部分しか使っていないことになるので、脳が本来持っている全能力を発揮することは出来ません。

大切なのは、本能(直感)を大切にしながら、本能・知性・理性(直感・感情・思考)の三つがバランス良く働いていることです。

能力を発揮するには本能を大切に

スピリチュアル・カウンセリングで、「仕事の能力を上げたい」という相談に来られる人は、思考が強すぎる人が多く、人間のあらゆる能力の原動力は、本能であり、感情であることを忘れています。

仕事の中に、本能的に欲しいもの(お金、異性にモテる、自分の地位など)を大切にし、それが将来得られたり、自分が人に認められた時のうれしさという感情を感じながら、理性的に行動する時、最もあなたの能力が発揮されます。