2016年の主な天体現象

2016年3月9日の日食は、日本で見ることが出来る日食としては、4年ぶりになります。

2016年の主な天体現象は以下の通り。
※国立天文台のリストをベースにNASAの情報を追記

【日食】
日付(日本時間) 日食の種類 見える地域
2016年03月09日 皆既日食 日本全国で見える(中心食)インドネシア、太平洋など
2016年09月01日 金環日食 日本で見えない(中心食)南大西洋、アフリカ、インド洋など

【月食】
日付(世界時) 月食の種類 見える地域
2016年03月23日 半分影食 日本で見えない
2016年09月16日 半分影食 日本で見えない
太平洋など2016年は、2002年に続いて、14年ぶりに日本で見られる月食が起きない年であり、次に日本で見られる月食が起きないのは、2020年になる。

【太陽面通過(日面経過)】
日付(日本時間) 通過する惑星 日本での状況
2016年05月09日 水星 日本で見えない

【火星の接近】
日付(日本時間) 接近距離
2016年05月31日 0.503天文単位

(関連記事)
2016年3月9日 日本全国で部分日食が見られます
https://en-light.net/archives/10627

2016年3月9日 皆既日食が意味するところ
https://en-light.net/archives/10633


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。