アセンション、次元上昇

アセンションとか次元上昇といったことは、一度忘れた方が良いです。

よく言われるのが、2013年にアセンションとか次元上昇が起きるという話ですが、それを図式化すると、下図の赤い線が地球と人類に起きる変化と言っている人がいますが、Fig_2

実際に起きることは、青い線のような変化になります。上図は概ね前後100年の変化と考えておいてください。
あくまでも、概念を説明している図なので、数値的な事柄を表しているのではありません。また、青い線が赤い線より下にあるのも、あくまでも見やすくするためで、それ自体に意味はありません。

つまり、2013年というのは、何か極端な変化が起きる時ということではなく、2013年とその前後の年は、後から振り返ると、変化の発端の年であったことが分かるということです。
そのため、色々なイベント(事象)があったりしますが、それがすぐ何かに結びつくというものではなく、様々なことの積み重ねが変化を加速していくということです。

しかし、チャネリング情報などで、大きな変化が起きるということが言われたりしますが、そのときの変化が物理次元なのか、エネルギー次元なのかをきちんと見分けておくことが必要になります。

つまり、エネルギー次元は比較的変化しやすいのに対して、物理次元の変化には時間がかかります。チャネリングソースの存在は、物理次元については、あまり良く分かっていない存在であることが多く、そうなるとエネルギー次元だけの変化を見て、大きな変化が起きるということを言ってきたりします。
確かに、エネルギー的には変化点になるので、人々の意識・考え方は大きく変化していくことになりますが、それが物理次元的な変化として現れるには長い時間を必要とします。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。