東京回峰行 3/19

東京回峰行(とうきょうかいほうぎょう)では、以下のルールで行っています。

(1)目的地はスピリチュアルガイドが指定する
(スピリチュアルガイドとは、人間ではない高次元存在のこと)
自分で目的地を選択することはできません。

(2)地図を持たない
携帯のGPS機能も使わない。

(3)人に道を聞かない
スピリチュアルガイドからの情報以外は使わない。

(4)道は、スピリチュアルガイドが指定する
交差点で、どちらに行くのかは、スピリチュアルガイドが指定します。
大通りではなく、ビルの谷間の狭い道が主に通る道になります。
概ね最短コースになりますが、そういったことに狎れが出てくると、わざとぐるっと遠回りすることもあります。

(5)途中で出くわす神社・寺・教会のうち、呼ばれていない場所には行かない
呼ばれている場合は、どんなに小さくても参拝し、呼ばれていない場合は、どんなに大きくて良い場所であっても、目の前を素通りしなければなりません。

普通の人には、(1)は難しいかもしれませんが、自分が名前は知っているけど、徒歩では行ったことがない場所を選んで、地図なしで行ってみると面白いかもしれませんね。

ちゃんと行けているかどうかを後で、確認できるように、GPSロガーとデジカメで記録するようにしています。
GPSロガーというのは、GPSデータを記録するための機能しかなく、単体では地図を見ることができません。自宅に戻ってGPSロガーのデータをパソコンにダウンロードして、地図サイトへGPSデータをアップロードして初めて地図上のポイントとして、自分がどこを通ったのかが分かります。

3/19はこれまでの疲労もたまっていることからか、短いコースになりました。
スピリチュアルガイドが指定した目的地は、芝です。

スタート: 市ヶ谷 9:50
ゴール: 芝増上寺 13:30
距離: 約14Km

20100319

市ヶ谷駅前 → 麹町 → 赤坂見附 → 日枝神社 → 霞が関 → 虎ノ門 → 虎ノ門金刀比羅宮 → 愛宕山 → 愛宕神社 → 新橋四丁目 → 日比谷神社 → 芝神明通り → 芝大神宮 → 芝大門 → 増上寺

今回は、お馴染みの神社ばかりでした。

日枝神社 ★★★★
東京都千代田区永田町2丁目10番5号
http://www.hiejinja.net/
私の提唱する東京五社にも含まれる神社で、都内でも有数の神社のひとつ。

虎ノ門金刀比羅宮 ★★★★
東京都港区虎ノ門一丁目二番七号
http://www.kotohira.or.jp/
こちらも私の提唱する東京五社にも含まれる神社です。境内地はビル化していますが、社殿は昔ながらの形式を保っています。平成16年にビルが新しくなって場のエネルギーが以前より良くなっています。

愛宕神社 ★★★
東京都港区愛宕 1-5-3
http://www.atago-jinja.com/
愛宕山に位置する、愛宕神社。現在は高層ビルが立ち並んでいるが、かつては東京湾や房総半島までを一望する、都内でも有数の眺望スポットだった。
愛宕神社参道の急坂の階段は、出世の石段と呼ばれています。

日比谷神社 ★★★
東京都港区東新橋2-1-1
http://www.hibiyajinja.com/
日比谷にあったので、この名称だが移転・移転で現在は東新橋に位置する。環状二号線の工事の関係で移転しているので、真新しい社殿である。
ただ、鳥居の縦横比がちょっと「?」ではある。階段を上ったところに鳥居を建てる方が、縦横比的には良かったと思うが、色々と事情があるのだと思います。

芝大神宮 ★★★
東京都港区芝大門1-12-7
http://www.shibadaijingu.com/
東京のお伊勢さまのひとつ。江戸時代以降は増上寺とセットで扱われることが多くなったようだ。

増上寺 ★★★★
東京都港区芝公園四丁目7番35号
http://www.zojoji.or.jp/
徳川家康の庇護により、江戸を代表する寺として成長した。後方には東京タワーがそびえる。境内は閑散と言えるくらい広く、あまりエネルギー的には感じることができないが、これは、あくまでも江戸城の南西ライン(いわゆる裏鬼門)を担当しているからゆえと思われる。
ところが本殿に入ると、打って変わってとても良い空間になっており、室町期製作と言われる、ご本尊の阿弥陀如来像はとても良いです。瞑想をするのにお勧めの場所です。