神社参拝時に、自分の住所氏名を読み上げる必要がある?

神社の参拝作法で、「参拝時に自分の住所氏名を読み上げることが大切」ということを書いている人がいます。
本当に必要なのでしょうか?
神様に聞いてみました。

神様に聞いてみた

Q 神社参拝時に、自分の住所氏名を読み上げる必要があるの?
A 人によっては必要。
Q え、そうなの?
A それ(自分の住所氏名を読み上げる)をすることで、きちんと参拝できたと安心する人が居るので、そういう場合にはそれは必要。
でも、本来は必要ない。

Q じゃあ、祈祷で宮司さんが参拝者の住所氏名の読み上げを行うのは?
A 宮司は神と人を取り次ぐ役割があるが、宮司が参拝者を知らない(初対面)ことが多い。
そのため、宮司が参拝者を(どこの誰なのかを)特定して取り次ぐためには読み上げが必要になる。
また、参拝者は、読み上げされることで宮司が取次したと理解できるので、安心する。
そのために読み上げが必要になる。

Q 本人が直接参拝する時は?
A いらぬ(不要)。
神は全知であるから、誰が来ているのかは良く判っている。

結論:読み上げは要らない

ということで、本人が参拝する時、読み上げは不要ということでした。

やりたい人はやっても良いですよ。神様は大らかなので、細かいことにはこだわりません。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. 辰巳 より:

    神さまは、いらないと思うけど、私は伝えてるなあ。
    場所によっては、参道を歩く時から「東京の世田谷の辰巳です」みたいに話し始めている事もあります。
    まあ、礼儀とか、自分の気持ちの問題だとは思うんだけどね。
    あとご祈祷のときは、私も必要だと思います。だって、神職が取次いでくれるのに必要だし。

  2. 八雲 より:

    > 辰巳さん

    住所氏名は、それを伝えた方がしっくりくる人は、そうした方がいいですね。

テキストのコピーはできません。