ツイッター

しばらくの間ツイッターをテスト的に使っていましたが、結果的には本来の記事(HPやブログ)を書く時間が、ツイッターの方に取られてしまうということがあり、いろいろと考えた結果アカウント削除しました。

ブログやHPに比べると、ツイッターは、合う・合わないが強く出てくるメディアですね。

ツイッターは、常に走っている人には現在(いま)の情報を得ることができるので、便利だと思いますが、新しいことを生み出していく(創造)ことを主体としている人にとっては、思索する時間を削られてしまうという側面もあり、私の場合は後者になるので、ブログとHPをメインとしてやって行きます。

※追記
ツイッターは、アカウントを持っていなくても閲覧することはできます。
私がチェックしているのは、田原総一郎さんのツイートです。

田原総一朗
http://twitter.com/namatahara

また、ツイッターが開発された背景について、少々専門的になりますが、Ustreamの以下の配信が面白いです。

田原総一朗×津田大介「ツイッターとジャーナリズム」
http://www.ustream.tv/recorded/6905223

また、こちらの記事も参考になります。

短いのは最高―葉書はSMSを産みSMSはTwitterを産んだ
http://jp.techcrunch.com/archives/20090704short-is-sweet-postcards-begat-sms-begat-twitter/

コメント

  1. すずめ より:

    すずめです。こんにちは。
    そういう気持ちのいきさつがあったのですね。
    私の場合、地域の色々な思いが交差するところなので、観ている感じですけれど、気持ちが負の方向に引きずられたりして、なかなか結構負担が大きいものです。
    そうかといって、何故か、やめるわけにもいかずといった感じで、創造面を犠牲にしている向きもありますが、私はもう少しツイッターに関わってみようと思っているところです。

テキストのコピーはできません。