塩羊羹 新鶴本店

信州諏訪方面にはしょっちゅう行っているのですが、諏訪に行ったときに、お土産というと、いつも行くお店があります。
塩羊羹で知られる「新鶴本店(しんつるほんてん)」。
ここの塩羊羹は保存料を使わず、昔ながらの、楢の薪を焚いて作っています。

sara

ほんのりと塩味の効いた塩羊羹は心に染み入るおいしさです。
※写真は新鶴本店のサイトから引用させてもらいました

新鶴本店
http://shinturu.com/

武田の甲斐国(甲州)は、内陸国で海がなく塩を自国では生産できないため、塩の入手は自国の存亡にも関わる重要なことでした。日本海と太平洋を結ぶ塩の流通ルートは「塩の道」とも呼ばれていました。

塩の道
http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/sionomiti/sts.files/sts.htm

甲斐国の武田と越後国の上杉は戦国の時代において、敵対関係にありました。

「敵に塩を送る」という言葉がありますが、甲斐国の武田が太平洋側から塩を入手できなくなったときに、上杉側は敵国であるにもかかわらず、領民のことを思い、日本海側からの塩の流通を止めなかった行為は天晴(あっぱれ)であったと言われ、後世に伝わっています。

そんな歴史も思い起こしながら食べると、一層味わいがある塩羊羹です。

テキストのコピーはできません。