一個人 日本の神様入門 20011年2月号 

Ikkojin2011_02_w

一個人 日本の神様入門
20011年2月号
KKベストセラーズ
雑誌コード 11579-02
定価680円

下手な単行本よりも、内容が充実しているので、日本の神様について知りたい人におすすめです。ただ、充実しているので、分かりやすさという点ではちょっと難しいかもしれません。
巻頭特集が、出雲神話だったりするあたり、ちょっとマニアックです(笑)

日本の神様を知ろうとすると、古事記・日本書紀(合わせて「記紀」とも呼ばれる)が原点にはなるのですが、記紀の場合、
(1)権力闘争で勝った側が作成したもの
(2)神話というのは、事実をベースに創作されたもの
(3)権力者側に都合の良い内容に改変されている
ということを踏まえて読む必要があります。
つまり、「記紀」を無批判的に読むと本当の神々の歴史はわからないということです。
このあたりの事柄について、巻頭特集では出雲風土記を取り上げており、著者もそういうことを踏まえた内容の記事になっています。

また、沖縄の神様についても簡単に触れられているのが良い感じです。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

コメント

  1. はぁぷ より:

    Hanakoに続く、
    初心者向けの第2弾ですね!ということで
    またまた購入いたしました[E:wink]
    個人的には出雲あたりの神話時代のお話で
    初心者向けの記述を探していたので
    とてもタイムリーでした[E:happy01]
    内容的には初心者には至れり尽くせりの感がありますので
    非常にお得感があります。本当に保存版です。
    また、沖縄に行くと
    神様に守られている島だといつも感じていたので、
    こういう背景があったんだと認識を新たにしました。
    ご紹介ありがとうございます[E:confident]

テキストのコピーはできません。