[遠隔セッション] エネルギー感覚を掴むには

他のヒーラーの遠隔ヒーリングセッションなどを見ていると、多くは数回実施して終わるというパターンです。これは、既にエネルギー感覚がある人の場合は、エネルギーを感じ取れるので、それでも十分ですが、初めての場合数回ではエネルギー感覚を掴む前に終わってしまうことがあります。

エネルギー感覚を掴むには、ある程度の経験回数が必要になることが多いです。私自身についても、始めからエネルギー感覚があったわけではなく、最初は山梨の神社から始まったのですが、いくつもの神社を回っているうちに、だんだんとエネルギー感覚がつかめてきたという経験を持っています。
つまり、エネルギー感覚を身に着けようとすると、経験回数が重要になることが多いです。

これは、ミネラルウォーターの味とよく似ていて、初めてミネラルウォーターを飲むときはブランド毎の違いがよく分からないですが、飲み続けていると、だんだんと違いが分かってきます。エネルギー感覚もこれに良く似ています。
そのため、1か月間という非常に多い回数を実施しています。

今回初めて参加される方は、以下の点に留意してください。

(1)自分と他の人を比較しない
コメントに沢山書き込みされている方は、既に現世で何度もヒーリングセッションを受けていたり、過去世でエネルギー的な経験を沢山している人です。彼らも、始めからエネルギー感覚があったわけではありません。最初はみんな初心者です。(私ですら、初心者でした)初心者と経験者を比較しても、あまり意味はありません。ただし、コメントを参考にするのは良いかと思います。

(2)努力しない、頑張らない
何かを得るためには、努力・頑張りが必要だという概念は、物理的なこと(運動とか、勉強とか)については、正しいのかもしれませんが、エネルギー感覚をつかむには、これは逆効果になります。お風呂のお湯の温度を調べる時に、お湯に手をいれますが、その時に努力していますか?感覚というのは努力しない方がよく分かるようになります。
努力・頑張りをするのではなく、自然な感覚として、ただ受取ってみて下さい。それが一番の近道です。

(3)エネルギーは微細
ヒーリングやアチューメントのエネルギーは、微細なものです。初めてだと、感じているのか、それとも、勘違いなのかちょっと分かりにくいレベルです。
なので、頑張ったり、努力すると、肉体的な感覚が優勢になるので、分かりにくくなります。微細な感覚を感じるには、ゆったりとリラックスした状態で受取ることが大切です。
微細な感覚なので、始めは少し分かりにくいですが、回数を重ねて行くと段々と分かってくるようになります。

(4)既に経験を積んできている人には
ここまでは、初めての人について書いてきましたが、既に多くの経験を積んできている人の場合、さらにステップアップするのには、集中的にセッションを行うのが効果的です。
そのため、集中的に行うことで、短時間でステップアップすることができるというのも、1か月という期間で行っている理由です。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

6月は、新型コロナウィルス対策 遠隔ヒーリングと、夏至の遠隔ヒーリングおよび伊勢神宮代理参拝を行います。

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。