感情を押し込めるとどうなるのか

感情を押し込めてしまうとどうなるのかを、模式的に説明してみます。

ここでは、感情のコップを考えます。生まれたばかりのときは、押し込めた感情がないので、空のコップになります。

Cup1この状態では、コップの高さが感情的な許容量になり、これを超えてオーバーフローすると、堪忍袋の緒が切れた状態になります。

様々な感情を押し込めた状態になると、コップの奥底に解放されていない感情が積み重なってきます。

Cup02そうなると、感情的な許容量が、減ってしまいます。この図では模式的に半分にしています。

その結果として、人としての幅を減らすことになり、ちょっとしたことで感情的になりやすく、冷静な判断ができにくい人となってしまいます。

組織において、優秀なマネージャーというのは、言わば空のコップの人であるので、物事に対して感情的になりにくく、冷静に物事を見つめることができるので、正しい判断を下すことができます。

また、一般の生活においても、許容量が少ないと、感情的な反応になりやすく、何かと損をすることが増えていきます。

人は、大人になるにつれて、感情を押し込んでしまうことが多くなります。感情を押し込んで処理をするのではなく、感情を解放することで、感情の許容量を保つことの方がメリットが大きいです。

(関連記事)

カウンセリングをしていると、キレやすい子供への対応を相談されることがありますが、そういった子供たちが特別なのではありませ...

この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。