アマテラスは二人いる

天照大御神(アマテラスオオミカミ)というと、伊勢神宮に祀られている女性性の神様を指すのが一般的です。

ところが、それ以前の歴史を辿って行くと、アマテラスは男性性の神様になります。

一般的に言われる、女性性のアマテラスより先に存在していたのが、男性性のアマテラス(=饒速日尊)です。

世界的に見れば太陽神というのは男性性の神であるのが普通です。チャネラー情報でも、根本的なアマテラスは男性性だと言われていますし、私自身がチャネルした結果を見ても、根源的な太陽神は男性性のアマテラスになります。

一方で、日本では太陽神が男性と女性の二柱の神様が立つという稀な国です。

日本の歴史においては、持統天皇から始まった伊勢神宮の遷宮の歴史があるので、女性性のアマテラスの方が、歴史的にも祭られることが多く、また(女性ゆえか)三次元世界の現実にも詳しいので普通にチャネルすると、女性性のアマテラスの方に繋がることが多いです、私自身の経験でも最初に繋がったアマテラスは女性性の方で、とても優しいエネルギーが印象的です。

一方で男性性のアマテラスは記紀の編纂の時に封じられたということもあり、あまり繋がりやすくはないですが、繋がってみるととてもパワフルで、エネルギッシュなエネルギーが印象的です。

男性性のアマテラスは、現代では大物主とも言われ、奈良の大神神社に祀られていますが、古事記・日本書紀書かれた国譲りの時に、男性性のアマテラスは姿を隠すことになって、名前を饒速日尊から大物主に書き換えられた為に、現在では男性性のアマテラスが存在したことが知られていません。

饒速日尊の正式な呼び名は、天照国照彦火明櫛玉饒速日命であり、呼び名の冒頭を見ればアマテラスであることは明らかです。

つまり、日本の神々の歴史には、二人のアマテラスが存在するということです。