新装なった水天宮

新・東京五社の水天宮は、長らく工事していましたが昨年完成しました。

入口は、以前と少し位置が違い、こちらは社殿向かって左側の階段。

手前中央の説明坂に書いていますが、免震構造になっています。

正面入り口から社殿を眺める。

手水舎から見ると、こんな感じで、手水舎と弁天社は以前とは位置が変わっています。写真右手には、社務所や祈祷の為に社殿に入る為の建物(ガラス張りの中はスロープ)が出来たので、これまで以上にお宮参りしやすくなっています。

水天宮前交番から見上げると本殿が見えるのも以前と同じです。

免震構造になって、安全性が高くなったのは良いことですが、それと引き換えに、以前は1階にあった商店が無くなって、風情が失われたのはちょっと残念ですね。

【関連記事】
工事期間中の仮宮。

日本橋水天宮は、三月から建て替えになるので、中央区日本橋浜町に仮宮が作られています。 ということで仮宮にいってきま...