はじめての遠隔ヒーリング(ヒーラーさん向け)

この記事は、既にセミナーでヒーリングを学んだ人(ヒーラーさん)向けの内容です。遠隔ヒーリングを受ける人(クライアントさん)にも参考になる内容なので、こちらに記事として書いておきます。

遠隔ヒーリングを初めて行う場合、手順としてどうやったら良いのかが分かりにくいので、基本的な手順を書いておきます。

(1)クライアントさんを決めて、同意を得る。心構えなどを伝える。

遠隔ヒーリングを受けるクライアントさんを決めて、ヒーリングを受けることに同意することが必要です。同意がない場合、遠隔ヒーリングは上手くいきません。

クライアントさんがヒーリングを受ける場合の心構えや体勢、その後の注意点についても、このときに説明しておきます。

また、ヒーリングを実施する際にカルテを作っておくと、ヒーリング後の変化の追跡に役に立ちます。

(2)スケジュールを決める

遠隔ヒーリングにおいては、ヒーラーとクライアントさんの距離がどれだけ離れていても行えます。しかし、日時を決めておくことは重要です。なので、何月何日、何時何分から何分間行う、ということを決めておきます。

遠隔ヒーリングは、タイムシフトでも可能ですが、初めての場合は、リアルタイムで行う方がうまく行きます。

(3)事前連絡する

スケジュールの日時になったら、ヒーラーから、事前に電話でこれから始めるということを連絡します。これは、お互いがこれから遠隔ヒーリングを実施するという心構えを持つことになり、心構えがあれば、うまく行く確率が非常に高くなります。

連絡はメールやツィッターなどではなく、直接話すことができる電話にしてください。メールやツィッターなどでは、クライアントさんの状況について、察知しずらいので、使わないでください。

事前連絡することは、ヒーラーからすれば、ヒーリングする相手を明確に特定することになるので、間違った人のところにヒーリングのエネルギーが行ってしまい、ヒーリングが失敗することを防ぐことにもなります。

(4)開始する

ヒーリングを開始します。

(5)事後連絡する

ヒーリングが終了したら、ヒーラーから、電話連絡し、ヒーリングを受けたときの状況や感想を直接聞きます。ヒーリングがうまく行ったかどうかは、この事後連絡をすることで、確認します。

また、ヒーラーは、ヒーリング後の注意点(水分補給など)についても説明しておきます。

(6)その後の変化について連絡を受ける

翌日以降、ヒーリングを受けた後の変化について、メールや電話などでクライアントさんから連絡を受けて、確認する。

ヒーリングの効果は、当日出ることもあれば、数日後に出ることもあるので、その後の変化について知っておくことはヒーラーにとって重要です。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。