カメラについて

自分のホームページやブログに使っている写真は特に断りがない限り、自分でとった写真を使っています。

よく聞かれるフレーズに「一眼レフをつかっていますか?」ということなのだけど、一時期一眼レフを使ったことがありますが(NIKON D40)、一眼レフは重く、大きいので、神社参拝が主目的な人にとっては、荷物でしかありません。しかも、一眼レフというのは、撮影という機能を重視しているので、撮影するのは大変気持ちがいい機械です。

なので、参拝を忘れて、撮影に集中してしまうところがあります。

写真を撮りにきたのであれば、それはとても良いことかもしれませんが、本来参拝に来ているので、一眼レフで撮影していると、撮影しにきたのか、参拝しに来たのか、良くわからなくなってしまうことがあります。

自分自身に問いかけたときに、「私は参拝に来た」ということですから、自分の本来の目的から考えると、一眼レフというのは、違う方向に行きかねないということから、コンパクトカメラに戻っています。
コンパクトカメラというのは、あくまでも人が何処かに行くときに、行った場所を記録するのに良いカメラです。
主役はあくまでも、参拝であり、良い脇役としてのカメラであることが必要です。

ということで、行った場所のいい風景をできるだけいい写真として残したいということで、コンパクトカメラの中でも、いいカメラを使うようにしています。

かつては、リコーの一眼レフ(フィルムカメラ)を使っていたこともあり、メーカーに対するこだわりはないのですが、自分に合うカメラを探した結果、現在はこの二台のカメラをメインに使用しています。

Canon Powershot S90
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0910/26/news010.html

Canon Powershot G12
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20101026_402523.html

どちらも、少し前のモデルになりますが、ブログやホームページに掲載する写真で考えると、十分な解像度(というか、ブログやホームページであれば十分すぎる性能)を持っています。

コンパクトカメラを買うときに考えるのは、

・ポケットに入るかどうか
・取り出してすぐに撮影できるかどうか
・いい画質で撮れるかどうか

の三つです。

神社参拝などで、撮影する場合も、わざわざ撮影のために時間をとる余裕はなく、気に入った風景をすぐに撮るということが重要です。というのも、神社には、撮影に来たのではなく、参拝に来たのですから、本来の趣旨を邪魔しないカメラというのが私の選択理由になります。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. まこと より:

    神様に、頭を下げつつ撮影できる、ローライ・フレックスこそ最善ですね!
    これぞまさしく一石二鳥。2眼だけに[E:happy01]

テキスト・画像のコピーはできません。