霊的覚醒の次のステップに進む、月と木星の大接近

日曜日(2013/4/14)の夕方から夜にかけて、月と木星が大接近していました。
どちらもほぼ同じ軌道面を進む惑星と衛星なので、接近することそのものは珍しくないのですが、三日月のお皿にちょうど木星が乗るように位置するのを見ることが出来るのは数年に一度しかありません。翌日には、月の下に木星が位置するので、14日だけに見られる現象です。しかも、木星・月と、シリウス – オリオンが並ぶという珍しい現象です。

20130414

この月の意味するところは・・・
木星は、12年の周期で黄道を回るため、西洋占星術の12星座や、東洋の干支(えと)(十二支)を決める基準の惑星であり、長周期を司っています。月は、暦の月(1月、2月・・・)の周期を決める基準であり、短周期を司っています。
そのため、木星と月が入れ子のように大接近するのは、周期の変わり目を意味します。
そして、その横に並ぶシリウスやオリオンは、霊的覚醒において、地球より先行している恒星であり、これらのエネルギーと同調することで、霊的覚醒の次のステップに進むということを意味しています。
特に、日曜日にこの月を見た人は、次のステップに進む大きな区切りの一日となっています。
※画像は、ステラナビゲーター(リンク)を使って作成しました。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。