太陽のポールシフト(磁極反転)

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の観測によると、太陽のポールシフト(磁極反転)が近いうちに起きると見込まれています。

上昇し始めた太陽活動と極域磁場の反転
http://www.jaxa.jp/press/2011/08/20110831_sac_hinode_j.html

ここで言う「上昇し始めた太陽活動」というのは、太陽は11年サイクルで黒点の数が変動するのが知られており、極小期が終了し極大期に向かっているという意味です。
ただ、今回は通常の11年サイクルよりも長く、12.6年と長くなっており、こういう時は地球が寒冷化することが知られています。
また、この11年のサイクルごとに磁極反転が起きており、磁極反転そのものは特に珍しい現象ではありません。

読売新聞のニュースはこちら

地球環境に変動?太陽北極域で異例の磁場反転 – BIGLOBEニュース
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0901/ym_110901_3900123797.html Text

以前から話していますが、2012年を境に地球は温暖化ではなく、寒冷化に向かうことになります。現在の地球温暖化は太陽系の変化時期にあたっているためであり、CO2が原因ではありません。
CO2が原因ではないことについては、こちらの資料に解説があります。

第108 回 原子力安全問題ゼミ「地球温暖化と二酸化炭素」 2009/10/26
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告と温暖化二酸化炭素説の問題点
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No108/koide20091026.pdf

(2012.4.24 追記)

太陽極域磁場の反転
http://oyashima.way-nifty.com/blog/2012/04/post-5f3d.html

テキストのコピーはできません。