新型コロナウィルス ワクチン接種券が届きました

新型コロナウィルス ワクチン接種券が届きました。

コロナ対策遠隔ヒーリング

コロナ対策遠隔ヒーリングを行っています。

遠隔ヒーリングは、コロナウィルス感染防止の効果があります。
そのため、ワクチン接種がいらないと考えている人もいるかと思います。
それは確かにそうなのですが、コロナウィルス感染というのは、人がどのような行動を取るのかに左右されるので、遠隔ヒーリングが行動によって結果的に効果を発揮しないということもあります。

そういう場合も考えると、遠隔ヒーリングとワクチン接種という二段構えの対策が有効です。

ワクチンについて

ワクチンについて、考える必要があるのは、次の二つです。

(1)現在知られているメリットとデメリット
(2)将来的に起きる可能性のあるデメリット

まず(1)については、様々なエビデンスがあり、メリットがデメリットを大きく上回っていることが知られています。

一方で副反応があります。ごくまれに重篤な副反応が発生することも知られています。

一方で(2)については、現時点ではわかっていません。

ワクチンデマ

ワクチンについては、様々なデマが飛び交っていますが、デマのほとんどはきちんとした根拠がなく、単に人を怖がらせるものでしかありません。

デマ情報は(2)の方を大きく取り上げることで、人々に不安と恐怖を与えることが目的であり、厳密な事実には基づいていません。

エビデンス

エビデンスとは、「症例に対して、効果があることを示す根拠・証拠」という意味です。
これまでのエビデンスを見ると、将来的に起きる可能性のあるデメリットはかなり小さいと見込まれています。

ワクチンに関連する疾患を持っている人の場合は、ワクチン接種すべきでない場合もあります。

また、ワクチン関連の死者数については、接種後に死亡した人の数を単純にカウントしただけであり、ワクチンとの関連性が証明されているわけではありません。ワクチン接種がなくても死亡した人も含まれています。また、高齢者の場合はワクチンが最後の一押しになってしまったケースが多いかもしれません。

コロナと向かいあう生き方

スピリチュアルな視点から見れば、

人は将来的には100%死にます。例外はありません。
だから、生きている間にどう生きるのかが大事です。
死や後遺症を恐れるあまり、行動を制限するのは良い生き方とは言えません。

ワクチン接種でより良い生き方を手に入れるのか?
分かっていない未来を怖がって生きるのか?

どのように選択するのかは、ひとりひとりが決めることです。

様々な情報を検討した上での判断として、
前向きに生きるということを重視して、

私は、ワクチン接種を選択します。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。