東の空に同時に4つの彗星

3.3年周期で太陽を公転している、エンケ彗星が11月22日に近日点を通過(太陽にもっとも近づく)しました。

双曲線軌道の可能性が高く、太陽に近づくのは今回限りといわれている、アイソン彗星が11月29日に近日点を通過します。

2011年の大彗星を発見したテリー・ラブジョイさんが2013年9月に発見した、ラブジョイ彗星が、12月23日に近日点を通過します。

さらに、10月20日に急激に明るくなったリニア彗星もあり、未明から明け方にかけて、東の空に彗星が4つある状態です。明るさは7~8等級なので、肉眼では見ることができませんが、彗星が4つ同時に現れるのは珍しい現象です。

変化の年の終わりに相応しい、彗星集合です。

これだけ彗星が集まってくると、様々なエネルギーが飛び交うような状況になるので、イライラしたり、混乱しやすくなり精神的に落ち着かない状況がしばらくの間出やすくなります。また、エネルギー的な浄化も起きるため体調を崩す人や、やたら眠くなるもいるかと思います。

起きる症状としては、日食・月食のものとよく似たものになります。

【身体的なもの】
・よく寝ているはずなのに眠い
・体がだるい
・熱があるのだけど、体温を測ると平熱
・原因のない筋肉痛
・風邪を引いているみたいだけど、風邪ではない
・風邪の前兆と同じ状態だけど、風邪ではない
・身体の表面がざわざわする
・原因の思いつかない怠さ

【精神的なもの】
・(サボるつもりはないのに・・・)仕事がイヤ
・考えがまとまらない
・論理的に考えられない
・ボーっとする
・何もかもきれいさっぱり(ガラガラポン)したい
・全部やり直したい
・全部捨てたい
・なぜかイライラする、原因が思いつかない

これは、身体を形成するエネルギーのバイブレーションが変化するため、それが身体的あるいは精神的症状として出てくるものです。これは病気ではありません。
そのため、医者に行っても原因がよく分からず症状を和らげる薬を出されるだけです。

症状が重い場合は和らげることも必要になりますが、おおむねそれほど重い症状になりませんので、水分を多めに取って安静にしておくのが一番です。ビタミンなどを摂ってもあまり効かないのですが、摂取するのには問題がないので、気になる場合は摂っても構いません。

身体的な症状の場合、自分でエネルギー変化による症状なのかそれとも他の原因なのかを自分で正確に判断できない場合は、素人判断をせず、お医者さんのところに行くようにしてください。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

3月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。