明日12月22日は、冬至

明日は、冬至です。

冬至と穴八幡宮の一陽来復

二十四節気の一つで、グレゴリオ暦では大体12月22日頃になります。

天文学的には、日中の太陽が一番低い日であり、古代においては、冬至の前後になると太陽の力が弱まり、人間の魂も一時的に仮死する。
すなわち、陰極まれば万物みな衰えて死に、太陽の帰り来る「一陽来復」によって再びよみがえると考えられていました。

つまり、太陽のエネルギーが底になるのが冬至であり、そこからは太陽のエネルギーが上昇して行くことになります。

この「太陽のエネルギーの上昇」に合わせて、人の経済活動も上昇させるということを祈願したのが、穴八幡宮の一陽来復御守です。

冬至の朝から頒布される、穴八幡宮の一陽来復を頂きに行ってきます。
その後、穴八幡宮を基点とした恵方の神社に参拝して、一陽来復御守をさらにパワーアップしてきます。

写真は、昨年の冬至の恵方神社へ行く道すがら。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。