ウエサク・五月満月の遠隔ヒーリング&アチューメント 2015

五月は満月のエネルギーが高く、アジア各地では満月に合わせてウエサク祭がおこなわれます。

ウエサク祭の起源

ウエサク祭の起源は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、全てヴァイシャーカ月(Visakha:インド暦の第二月)の第一満月の夜であったという伝承から来ており、占星のカレンダーに従って、ウエサク祭の期日は決定されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヴァイシャーカ月の満月は、太陽が雄牛座から登る日(4/21~5/21頃)であり、旧暦では四月十五日になります。
我々が使用している太陽暦(グレゴリオ暦)では四月から五月頃の満月にあたるということから、結果的に概ね五月の満月に当たることになります。
また、ウエサク(Vesak/Wesak)という言葉は、ヴァイシャーカ(Visakha)が変化したものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエサク祭は仏教がインドから広まったとき、アジア各地(チベット、タイ、ミャンマー、スリランカほか)など多くの国の文化に伝播し、それぞれの文化特有の方法で行われています。

ウエサク祭のエネルギー

月というのは、太陽と対になって、太陽は顕現された力、月は隠された力を表します。人間が本来の姿に戻れば誰しも持っている力であるが、人間という経験をするために隠された力があります。それらの力を解放し、取り戻して行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエサク・五月満月の遠隔ヒーリング&アチューメント

遠隔ヒーリング&アチューメントは、自宅に居ながら、ウエサクのエネルギーを受取ることが出来る、遠隔セッションです。

満月のエネルギーが高いウエサク祭に合わせて、遠隔のヒーリング&アチューメントセッションを行いますので、隠された力の解放スピードを速くすることができます。また、ヒーリングも併せて行うので、自分自身が抱えている不要なエネルギーの解除も行うことができます。

そして、ウエサク祭と同じタイミングで行うので、京都鞍馬寺をはじめとして、アジア各地のウエサク祭のエネルギーも取り込むことができます。

遠隔ヒーリング&アチューメントのスケジュール

京都鞍馬寺で行われるウエサク祭は5月3日ですが、満月になるのは5月4日になります。しかし4日の夜に祭事を行うのでは満月を過ぎてしまうため、満月をお迎えするために、5月3日におこなわれます。そのため、満月との兼ね合いを考慮して、ウエサク祭当日の前後1日を含めた、3日間で実施します。
鞍馬寺で行われるウエサク祭を考慮して、以下の日時で行います。

5月2日(土) 20:00-20:30 前夜セッション
5月3日(日) 20:00-20:30 ウエサクセッション
5月4日(月) 20:00-20:30 満月セッション

参加費用

1万円
※全3回分の参加費用になります。途中まであるいは途中からの参加でも金額は同じです。

支払について

支払期限は、遠隔セッション終了後から、5月13日(水)までにお願いします。
支払方法は、銀行振込になります。振込先などについては、お申込みされた方にメールで連絡します。

参加申し込み

以下のフォームから申込をお願いします。
参加セッション欄は、「ウエサク遠隔」と記入してください。
http://form1.fc2.com/form/?id=734667

参加申し込みされた方は、以下の説明を良く読んでおいてください

遠隔セッションに参加するにあたって
https://en-light.net/archives/3686

過去には、2010年と2014年に遠隔セッションを行っています

2011年から2013年の間は、諸事情により行えませんでしたが、昨年から再開しています。

2014年の感想コメント
https://en-light.net/archives/3960#comments

2010年の感想コメント
https://en-light.net/archives/2125#comments

参考 京都鞍馬寺のウエサク祭

ウエサク祭
京都鞍馬寺 五月満月祭
http://power-spots.jp/Wesak/


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. のの より:

    こんにちは。
    二日目まで受けた感想です。
    一日目は、遠隔開始後のかなり早い段階から寝落ちしましたので、遠隔途中のことは覚えていないのですが、終わった後は頭がふらふらしていました。少しだるさもあり、若干ミューテーションしているのかと思いました。ヒーリング後から翌日にかけて、物凄く喉が渇いていました。
    二日目は、途中寝ていたようですが、ヒーリングが3つに分かれているのは気づきました。(大体寝落ちするのに、珍しいことです)
    最初のヒーリング1と思しき時は、無心に、パイプだと心がけて受けていましたが、気掛かりなことや、人間関係でご無沙汰しているが縁をつなげていたい人が今どうしているかな、とかそんなことが頭の中にいくつも出てきました。その度に無心に、とやっていました。
    途中から、なんと表現していいのかわからないのですが‥。水面の下に自分がいるというか。ゼリー状のものの中にいる感じで、ふわーとその中に浮いていました。ゼリーの中にいるけれど、息苦しくない上に、心地よさを感じました。
    3番目のエネルギーは、2番目がなくなったので、「あれ?終わったのかな?」と思い、少し起き上がり、時計をみたので、指摘の時間とほぼ同じ時刻から感じました。穏やかなエネルギーとのことでしたが、自分には一気にドーンと頭の上から押し込まれたイメージでした。かなり太い密度が濃い感じのエネルギーが入りました。終わった後、くらくらするかと思いましたが、むしろ爽快で、その後動き回りました。;^_^A
    今日はどんな感じか楽しみです。よろしくお願いします。

  2. yakumo より:

    > ののさん

    コメントありがとうございます。
    ヒーリング中に寝てしまうというのは、良く見られる現象で、対面でのヒーリングでも同様に寝てしまう人がいます。

    寝てしまうのは、日中の疲れがあるケースを除けば、自分のバイブレーションレベルより、高いバイブレーションレベルのエネルギーを受け取った場合、速やかに自分のバイブレーションレベルを上げるには、身体が活動的ではない方がスムーズになるので、その結果として寝てしまうことが起きます。

    なので、寝てしまっても、ヒーリング・アチューメントの効果はちゃんとあります。

    自分のバイブレーションレベルが上がってくると、寝てしまうことが少なくなってきます。

  3. H.M より:

    先日は遠隔ヒーリングを有難うございました。
    今回は眠ることもなく以前よりはエネルギーを感じて気持ち良く受けることが出来ました。
    今年は以前より気持ちの上下がなく平坦になっている気がします。 
    ブログもいつも参考にしていますのでこれからも宜しくお願いします。

テキスト・画像のコピーはできません。