突然それはやってくる

悟りは突然前触れもなくやってきて、少しずつ定着していく。

そして、十分に定着したときには、自分はもはや分離された人間ではなく、神の意図が肉体と精神を通じて表現される。

それは、私という個人の喪失であると同時に神の顕現である。神は永遠の中にあり、生まれたこともなければ、死んだこともない。であるから、創造もなければ破壊も存在しない。そして、それこそが神の恩寵であることが理解されるのである。