水星逆行

水星逆行とは、毎日同じ時間に水星を観測したときに、水星がいつも動いている進行方向とは、逆の方向に動いているように見える期間のことを指します。これは水星が地球より内側に存在する内惑星であることから、起きる現象です。
同じ内惑星の金星でもおきる現象ですが、2008年は水星のみになります。
水星は、神のメッセンジャーとも呼ばれ、コミュニケーション(郵便、電話、FAX、メール)の意味があります。なので、水星が逆行している間は、コミュニケーションが不調になりやすいため、注意が必要です。
また、コミュニケーションのほかには、書類(特に契約書など)交通機関、機械、なども水星の影響があります。そのため、重要な判断や契約などはこの期間を避ける方が賢明です。
逆に水星逆行中には、これまでの計画を時間と十分取っての見直す。内省する時間を持つ。物事を完了させる。などのことをする時間だと思って、そちらに取り組むとスムーズになります。
以下の日程は、天文学的な「留-内合-留」の日程になります。そのため、占星術で使われる日程とは、1日程度ずれがあることがありますが、1日でばったり切り替わるわけではなく、時間の経過と共に程度が少しずつ強まって行くことですので、あまり細かい日程にはこだわらない方が良いです。また、エネルギーに敏感な人の場合は少し前倒しで影響が出てくることがあります。
開始 9月24日 → ピーク 10月6日 → 終了 10月15日


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。