御城印

御城印

御朱印と言えば、神社やお寺ですが、最近はお城で御朱印=御城印を発行しています。さらには御城印帳もあるとか。

城びと > お城のご朱印!?登城記念に「御城印」を集めてみませんか?
https://shirobito.jp/article/417

写真は上記サイトから引用

御城印は、 城名やゆかりある城主の家紋や花押などの印を押したものだそうで、上記のサイトにいくつか載っていますが、これは集めたくなりますね。

お城と神社の関係

全国の神社を巡ると、城跡に神社が建てられていることが、良くあります。

これは場を見れば当然のことですが、城は良い場・つまりエネルギー的に良い場所に建てられています。代表的なのは江戸城で現在の皇居です。これも良い場を探した結果としてこうなっています。

なので、滋賀県の日牟禮八幡宮のように、そもそもは山上に神社が建っていたのに、神社が移転させられ、神社跡に城が建つようなケースもあります。

明治に入ってからは、各地で城の取り壊しがあり、その跡地に神社が建つということになります。なので、お城=神社というのは、当然の繋がりになります。

そういった経緯もあるので、お城で御朱印というのも、ある意味自然な流れですね。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。