やる気が必要な時

やりたいことをやるときに、やる気を起こす必要は全然ありません。やる気は自然にわいてきます。 やる気を起こす必要があるのは、(実は)やりたくないことを、やらなければならない状況になったときです。

なので、やる気を起こすというのは、本来自分自身ではない状況に対応するために必要なことです。 しかし、自分がやりたいことをする時には、やる気を起こす必要はありません。人間の本質で言えば、やる気は自然に起きるものです。

やる気を起こさないと、それをする気にならないというのは、あなたが自然な状況にはないということです。

子供のころを思い出してみるとわかります。子供のころ、遊びはとても楽しく、大人に強制もされず、子供たちだけで遊びを考え出して遊んでいます。そこには、自然なやる気があります。いちいち、やる気を起こす必要もありません。

これは、子供だけの特権ではありません。大人にもそのまま当てはまります。 自然とやる気が出てくることをしている時、その人は幸せです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。