静的瞑想と騒的瞑想

静的瞑想と動的瞑想(http://oyashima.way-nifty.com/blog/2010/03/post-07f5.html)という記事を書いていますが、もうひとつ静的(しずかな)瞑想と騒的(うるさい)瞑想というものがあるので、こちらに書いておきます。
※騒的瞑想は私による造語です。

瞑想というと、静かに行う静的瞑想が一般的ですが、音曲・読経など大きな音で行うものもあります。神道系では静的なものが主体ですが、密教系などにおいては、音曲・読経を大きな音で行うことによって止観する方法をとります。大きな音をつかうことで、雑念が発生しないようにする方法で、静的な方法より一般の人には入り易い方法なので、護摩焚きなどにおいて、用いられることがあります。

成田山東京別院の深川不動堂(東京都江東区)の護摩においては、法螺貝・鐘・太鼓・読経による騒的瞑想が行われます。初めて行く人にはびっくりするくらいの音量ですが、慣れてくると、とてもいい感じです。騒的瞑想の音曲においては、奏者の意識・力量が問われるところがあり、奏者に力がないと瞑想にならなくなってしまいますが、深川不動堂の護摩の奏者は気合いの入った良い感じのものなので、一度護摩に参列してみると良いです。

深川不動堂
http://www.fukagawafudou.gr.jp/

本文中で書いた護摩は毎日、
 9:00
11:00
13:00
15:00
17:00
に実施されています。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。