小さな地震が沢山起きれば、大きな地震にならなくていい?

今朝も地震がありましたが、関東・東北地域では最近震度3-4クラスの地震が続いています。

Level_3

「小さな地震が沢山起きれば、地震のエネルギーを小出しにするから、大きな地震にならなくていい」という会話を聞くことがありますが、それは勘違いです。

上記のリストの地震の規模を表すマグニチュード(M)は、M4からM5程度になりますが、過去の被害の大きかった地震を見ると、
関東大震災:M7.9
阪神・淡路大震災:M7.3
新潟県中越地震:M6.8
東日本大震災:M9.0
となっており、概ねM7以上になります。

マグニチュードの計算は、対数計算になるので、一般的な足し算・掛け算ではありません。マグニチュードが1つ上がると、約32倍。マグニチュードが2つ上がると、約1000倍のエネルギー量になります。

つまり、M4 – M5程度の地震が沢山起きて、大規模災害レベルのM7相当のエネルギーを解放するためには、1000回以上の地震が起きる必要がありますので、今回のような数回程度では、ほぼ無関係と言うことができます。

ですので、震度3くらいの地震が連続して起きている状態というのは、大きな地震の前兆現象かもしれないという気持ちで、用心しておくことが大切です。

(参考)

気象庁 > 地震情報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html

Wikipedia:マグニチュード(リンク)

テキストのコピーはできません。