事実が辛い

スピリチュアル・カウンセリングをしていると、クライアントさんの反応として「事実が辛い」ということを観ることがあります。

クライアントさんが「自分とはこういう人間である」と思い込んでいることに、反している事実があった時、その事実を伝えるとクライアントさんの反応として、「事実が辛い」という反応が起きます。
反対に、クライアントさんが「自分とはこういう人間である」と思っていることを強化する場合は、事実は辛いものにはなりません。

カウンセリングにおいて、本人の思い込みに反している事実を伝えないと、その人の成長にならない場合、事実を伝えるのはなかなか難しいので、耳ざわりの良い事しか伝えないカウンセリングをしている人もいます。それはカウンセラーそれぞれの考え方なので、何が正しいとか、間違っているということではありません。

しかし、時としてそれを伝えないことが、成長の限界を作っていることがあります。そういう時は、そのことを伝えると、伝えたカウンセラーを嫌いになってしまうということが起きるのですが、その人の事を想えばそうせざるを得ないこともあります。

どう判断すべきか、難しいポイントですが、その人の成長の為には、嫌われる可能性を知りつつも、それを伝えることが必要な時もあります。それは、カウンセラーとして、辛いことになります。それでも、その人の成長を想うのであれば、嫌われるという辛さも乗り越えることができます。