日食 7月22日(2)

日食の情報を調べていて、ちょっと気になるポイントがあります。
日食は、下の図のように西から東に移動します。
Eclipse20092出典 http://www.nao.ac.jp/koyomi/koyomix/data/smov/eclipse20092.gif

日本全域で、部分日食が見られるということもありますが、西に目を向けると、この日食、とくに皆既日食帯は、「インドから始まり、中国を横断して、太平洋に抜ける」とも言うことができます。しかもチベット地域を横断しているので、今後の動きとしては、
・インド、中国が世界の中心になる
・チベット問題に、今後大きな動きが出てくる
そして、
・日本の地位が世界的には、インド・中国に隣接した小国として扱われる(いわゆる、ジャパンパッシング)ようになっていく
ということを言うことができます。

これからの時代、日本人は、国内に向いたも内向きではなく、世界に目を開いた外向きの意識を持つことが重要になってきます。

コメント

  1. みやた より:

    そういう変化に柔軟に対応していきたいですね☆

  2. 秋月 より:

    価格競争に陥らない更に高い技術立国、環境対応技術、医療バイオ産業の育成、職業教育が必要になると思います。
    アジア金融の中心、物流、航空海運交通のハブの地位は確保した方が良いと思うのですが、上手くいってない部分ですね。
    隣国メーカーが、日本お得意のデシタル小物…スマートフォン等の良い物を作れて来たのに国内勢が参戦出来ないのは残念です。
    ジャパンパッシングとは寂しい感じします。

  3. 秋月 より:

    今日の日食
    曇りの天気ながら
    時間になると多少回復ぎみになり、少し見えました。
    屋外には、空を見上げる人々がおり、携帯を空に向けている人が多数いました。
    短い間、神秘的な感じがしました。
    数日更新されて無いようですが、お身体大丈夫でしょうか

  4. 八雲 より:

    みやたさん
    心も、身体も柔らかが良いですね。
    秋月さん
    価格競争に陥らないということも大切ですが、アジアの成長国を相手にするのであれば、価格競争力も必要ですね。
    インドのタタが低価格自動車で成長しようとしている時に、高価格・高機能をぶつけても潜在的なマーケットは低価格層の方がはるかに大きいですから。

テキスト・画像のコピーはできません。